MSZ-32GXS-W

三菱エアコン霧が峰、MSZ-32GXS-Wで室外機を共有するシステムマルチの末端機になります。
これも古くなると送風フィンに埃が付いてカビくさい臭いがでますので、分解清掃します。

まずは排気口左右2箇所の化粧カバーを取って、ネジを外します。

ネジを外して上に持ち上げるようにするとカバーは外れます。このままでは送風ファンに手が届きませんので、パンとルーバーのセットを外しにかかりますが、その前にルーバーへの配線を外します。

コントロール基盤カバーを外して3相電源コードのカバー(左)を外すと、基盤が見えてきます(中)。ルーバー制御用の線が出ていますので、コネクタを外します(右)。

ルーバー基部の3箇所の引っ掛け部分を外すとルーバーが外れそうですが、もう一仕事残っています。

ルーバー右端にドレンへの接続部が見えます。写真右のように爪に引っ掛けるようになってますので、右下のL字外装を外してルーバーを外しながらロックを外します(ルーバーを持ち上げないと狭くて外れない)。狭い所ですので、手が入りにくく作業性は悪いです。

やっとルーバーが外れました。ここまで来ると送風ファンに手が入りますので、思う存分掃除してください。

 モーター部は向かって右側のみなので、そちらを上にして水が掛からないように洗ってください(左)。また、奥のルーバーフィンは外れるものの、手前はネジ止めなので外れません(右)。奥のフィンは差し込み式ですので撓ませて外しますが、中間部の支えにリング状のパーツが使ってありますので無くさないように注意して外してください。

外装部とルーバーです。ルーバー上部のパンはカビが生えやすい所なので、しっかり清掃です。

inserted by FC2 system