デュラエース 7400シリーズ

ブレーキレバー

BL-7400

 ブレーキレバーは初代より出ていましたが、この7400がワイヤー上だしレバーの最後になります。7400のレバーはそれまでと比べて中間部が膨らんだ形をしていて持ちやすく、私には良好な形状でした。パット見で7401・7402と似ていますが、レバー基部にワイヤー用の割れが見えたら7400ですね。

 レバーブーツは黒と茶色があるそうですが、茶色は滅多に見かけませんでした。問題はどのレバーにも言える事ですが、専用品が多いため痛みやすい割には汎用性が低く、販売中止後はすぐに入手困難になることです。ゴム製品なので保存性も悪く、レストアや長期使用者には避けがたい問題ですね。

BL-7401

 ワイヤーを中通しとしてエアロ化したものです。レバー形状は7400に似ていますが、ほとんど別物で、共用部品はクランプバンドくらいです。レバーブーツは黒・茶に加えて白もでていますね。

 

BL-7402

 エアロ化した7401にリターンスプリングを入れてSLR化(SLR:Shimano Linear Response)したものです。7401に形は似ていますが部品はほぼ別物で、共用部品は7400と同じくクランプバンド程度です。ワイヤーを通しやすくするためブラケットキャップ(左右別物)が新設されていますし、ブラケットカバーも似ていますが、キャップとの勘合部が出来ています。

 

ブラケットキャップ

 7402から新設されたブラケットキャップですが、穴の位置により左右違います。穴の位置は左右共内側よりで本体の穴と一致させます。ブラケットカバーもキャップと勘合があり、左右違います。

ブレーキ本体

BR-7400

 デュラエースとしては、最後のシングルピボットブレーキとなりました。本当はSLR搭載した次の7402が最終ですが、これは7400のアーチワイヤを弱めただけの姉妹機種なので、これが最後と言ってよいでしょう。ただ、7403はデュアルピボットになり大幅に性能が上がりましたので、古い7400を使用する意味はノスタルジックな意味合いしかないのでしょうね。

 先代の72系からはかなり変わってすっきりした形になりましたので、共通部品はほぼありません。BL-7401(上出し)、BL-7401(エアロ)のレバーに対応します。

 

Short 49 Type

 7400系のアーチサイズはすべて39mm〜49mm(A-A')のショートタイプです。このサイズはダイアコンペでは400系(38mm〜48mm)に相当し、ロード専用と言っても良いサイズです(このサイズではタイヤとのクリアランスが狭く、通常では泥除けは付きません)。

BR-7402

 リターンスプリングがSLR対応になって変わったのと、それに伴って本体の品番が変わっていますが、小物類はほぼ同じ物を使用しています。BL-7402レバーに対応するブレーキなので、7401を飛ばして7402になったのでしょうね。これがデュラエース最後のシングルピボットになります。

 

BR-7403

 デュラエース初のデュアルピボットブレーキで、当然SLRです。レバーはデュアルコントロールのST-7400レバーのみ使用するように書かれていますが、巷の話では引き代が多少違う程度で、使用可能だろうと言う事です。まあ、SLRはレバーにリターンスプリング仕込むことでアーチスプリングを弱くしただけなので、ブレーキタッチが変化する程度で、BL-7402などのレバーも使用できるんじゃないでしょうか(予想)。

 7402と同じ部品は小物程度で、ほぼ新製品ですが機構が変化しているので当然と言えば当然ですね。ピボットシャフトも違っています。

inserted by FC2 system