ハブの寸法(オーバーロックナット寸法)

 旧車レストア時の交換部品で問題になる部品の一つにハブがあります。特に最近のフリーハブはエンド幅が130mm以上になってしまって代用できません。また、旧車のパーツを流用するにしても規格の違う物が存在しています。ここでは、オーバーロックナット寸法と、前後ハブの規格と変更について書いてみます。

 

オーバーロックナット寸法

 オーバーロックナット寸法(O.L.D)とは、ハブで言えばロックナットの外側の寸法で、フレームで言えばハブの当たる部分の内側の寸法です。最近のハブのオーバーロックナット寸法はフロント100mm、リヤは130(135)mmですが、昭和の時代のでは、フロントは96mm又は100mm。リヤは120mm、124mm、126mmがありました。

 

フロントハブ

 フロントのO.L.Dは93mm96mm、100mmがありましたが、後に100mmに統一されました。ただし本体設計に変更は無かったようで、両側に2mmのスペーサー(左・矢印)を足していました。当然、後から出てきたハブは、最初から100mm設計なのでスペーサーはありません(右)。 

 

ハブのフランジ幅を測ってみました。左よりSAKAEシールド(100)、SUZUEシールド(100)、デュラエースLF(100)、シマノレギュラー(96)、デュラエースSF(100)です。
フランジ幅は、SAKAE(61.5)、デュラエースSF(71.3)で、デュラエースLF、レギュラーLF、SUZUEの3つは69.3mmと同じでした。フランジ幅は製品によって違いはあるものの、O.L.D.とは関係ないようです

リヤハブ

 リヤは5段変速は120mm、6段変速は126mmが主流でしたが、一部で124mmなどの亜流もありました。写真はデュラエースの120mmと126mmハブですが、本体は共通で、右側に6mm加えたスペーサ(矢印)を入れて対応していました。なお、シングルギヤを搭載するトラック用の110mmと言うのもありますが、一般には使用しません。

 

左よりSAKAEシールド(126)、SUZUEシールド(126)、デュラエースLF(126)、シマノレギュラー(124)、デュラエースSF(120)で、フランジ幅は、SAKAE(50.4)、デュラエースSF(57.2)。デュラエースLF、レギュラーLF、SUZUEの3つは53.5mmと同じでした。リヤのフランジ幅もO.L.D.とは関係ないようです

サイズの変更

96mm → 100mm

 両側に2mmのスペーサーをはめて対応しますが、ロックナットを2mm太い物に変えて100mmに対応することも可能です(左)。なお、クイック止めの場合は4mmの差であってもシャフト交換になります(右)。上のシャフトはSUNSHINレギュラー(100mm)用で108mmありますが、下のシャフトはシマノレギュラー(96mm)のもので104mmしかありません

 

100mm → 96mm

 スペーサーがあるハブなら抜けば良いのですが、元々100mm設計のハブでは薄いロックナットに変更して対応する事も出来ます(右)。デュラエースのロックナットは5mmですので、3mmの薄いナット(下)に替えればよいわけです。また、96mmエンドのフォークに100mmを無理矢理入れる事も出きるそうですが、エンドの平行性が狂うなどスマートではありませんね。

 

120mm → 126mm

 通常は右側(ボスフリー側)に6mm加えたスペーサーを入れます。これによりオチョコ量は3mm増えますが、右側のスペースが増えてレギュラー6段のフリーが入ります。ただし、オチョコ量が変化しますので、完組みホイールではセンターの調整も必要となります。クイックシャフトも当然交換となりますが、上のようにハブSETとして売られているものを購入・交換すればスマートです。

 

 左側に4mm(矢印)右側に2mm加えたスペーサーを入れて(左)、ウルトラ6段のボスフリーで対応する事も出来ます(右)。こうすればオチョコ量は逆に1mm減って、より強いホイールが出来ますし、レギュラー5段を使用するなら6mmのスペーサーを左のみに加える事も可能です(ただし、チェンラインの調整も必要となります)。

 

126mm → 120mm

5段変速のO.L.Dは120mmですので、この変換需要は結構ありそうです。デュラエースのようにスペーサーを薄くすれば対応できる物もありますが(左)、ほとんどはナットとスペーサーが一体になっていたりします(右)。この場合は120mmセットを購入して、シャフトとナットだけ使う手もあります。ネジ径は各社とも共通のようですので他社の物でも入りますが、最近のBMXでは違う規格もあるようです。また、ナットや玉押しの厚みは微妙に違いますので微調整は個別対応となります。強引に広げて126mmハブを入れている方もいるようですが、フレームにどの程度の異常値が掛かるか不明ですのでお勧めはしません。

inserted by FC2 system