月夜沢林道

S58.7
 信州ツアーの初日、木曽福島から入りました。月夜沢林道は開田高原から奈川に抜ける山岳林道で、現在でも土砂崩れなどでたびたび通行止めになっているようです。S57当時も開田側の登りで林道が崩壊しており、自転車はかつぎ上げで越せましたがオフの単車でも越えられないほど崩壊していました。結局、崩壊林道の途中で夕暮れとなったため道のど真ん中にテント張って寝ました(笑)。翌日は日の出とともに出発したので峠へは早朝に着いております。その後は上高地から松本へ抜け、甲府から籠坂峠を越えて西サ連の富士山ラリーに参加してました。

唐沢の滝

 当時の開田高原はまだまだ交通不便な所で、木曽福島から北上する国道361もまだ全通していませんでした。木曽福島からは地蔵峠を越える木曽街道を行くのですが、峠の麓に唐沢の滝が見えています。滝口に道が見えていて登る気力が削がれそうですが、実際走行すると15分程度で到達できました。

inserted by FC2 system