1979年7月中旬 中津川駅にて

 1979年の夏のツアー初日です。岡山を夜の2時発、急行「鷲羽」で一路新大阪へ。そこから米原、大垣、名古屋と普通を乗り継いで昼の1時に中津川駅に着いて組み立てた直後です。テントは三角おやねの5テンなので、乾燥重量7Kg、雨の日の撤収後は10Kg以上と言う代物です。後ろのミレーザックは、ツアー中の上高地、鹿島槍が岳、尾瀬の登山と、黒四ダム見学時の荷物もち用です。当然下っ端の私が、水(ボトル)、昼のご飯(コッヘル飯)、おかず(かんずめ3個)を持たされてました。この後約1カ月で日光まで行ったのですが、見返してみると、よくもこんな装備で信州の峠を登っていった物だと思います。基本はキャンプ場でのテント生活ですが、1カ月の間には、水没有り、寺の軒下での野宿有など、なんでも有りの状態でした。また新聞やラジオなどとも無縁でしたので、自宅に帰ったら首相が変わっていたのには驚きました(O平首相急死のため)。自転車は再塗装前なので、トップチューブに「Bridgestone」の白文字がうっすら写っているのが見えます。

inserted by FC2 system