旧国道46号 仙岩峠

仙岩峠 S58.7
 旧国道46号、仙岩峠への道は昭和52年まで使用されていたようですが、トンネル開通と共に供用されなくなったようでした。私がここに来たのは昭和58年の夏、北海道より陸走で岡山まで帰る長期ツアーの途中で、この日は男鹿から盛岡を抜け、久慈方面へ行く予定でした。持っていた地図にはどちらも通行可能の様に書かれていましたが、旧道にはお約束のようなゲートが設置されていました。ただ、工事か何かで開いていましたので、「開放日?(そんなわけないか)」と思ってついフラフラっと入ってしまいました。数年前まで現役だっただけあって路面状態はいいのですが、崖崩れなどで引き返すことになった時、ゲートを閉められていたらアウトですので旧道を楽しむ余裕もなく、先を急ぎました。案の定途中で作業中の団体に合いましたが、徐行で愛想よく挨拶して通過です。峠付近は絶景のパノラマでしたが、最後がどうなっているかわからないので急ぎます。で、最後は写真にあるようにテトラポット+有刺鉄線のちゃちな物でしたので一安心、記念撮影となりました。出れることが判れば安心ですので、少し引き返して旧道を堪能しようとしましたが、みるみる黒雲が湧いてきたため引き返すことなく雫石へ降りました。ただ、この気持ちよい峠道は今でも鮮明に覚えております。地図
 最近訪れたサイト「山行が」でこの道路が有名なことを知りましたが、そこで詳しいレポートをされていますので、興味のある方は御覧下さい。

inserted by FC2 system